A Wild Sheep Chase

red stone&日々の日記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--
スポンサー広告
Trackback [x]
Comment [x]
  こんばんはー

本日ひょんなことからRS内にて本をお薦めする機会があったので

今日紹介した本について書きましょうか


 『サヨナライツカ』  辻仁成
 

 私が本を読むきっかけになったのが村上春樹でした。

彼の本に出会ってからもう数え切れないほど読みましたね。

自宅にある文庫本だけで500冊以上ありますので、それなりには読んだかなぁと思います。

辻仁成については、彼の人生が物語っている通りドラマスティックであり

恋愛に関する本が多いように感じました。

私自身も3度ほど あぁこの人と結婚するんだろうなぁって思えるような

恋愛や出来事がありましたし、若気の至りというか激しい恋愛も年齢相応の

静かな恋愛もそれなりには経験してきたと勝手に思っているので

彼の小説の中に登場する人物の感情の揺れや行動、そういったものに

簡単に感情移入することができた、要するにそういったものを表現するのが

とてもうまい作家だなぁと思います。小説や映画というのは要は

自分が登場人物になれるか否か、これに尽きるかと思います。

本の詳細については読んでもらいたいので避けますが

現在進行形でつらい恋愛をしている方、恋愛につかれてしまった方

そういった人たちには決定打になる本ではないかと思っております。

ここでつまらない話を一つしましょう

私が16才の頃に出会ったある女の子がいました。彼女とはそれから

数年間の間ちぐはぐな恋愛をすることになります、それは高2の時に彼女が

海外に留学してしまったからです。それから大学卒業まで彼女は海外に

いたわけですが、時差半日・・十代の若者がそんな恋愛を達成できる

わけありませんね。結局これが災いしてうまくいかなかったわけですが

何より残念なことはけんか別れをしてしまったことでした。恋愛なんて

小さなことではなくて人間として彼女がすごく好きだったから。

帰国後、いろいろありましたがこのときにこの本を渡したのです。ある願いを込めて

この本を読んであなたに会いたくなりました 

当時お互い別の恋人がいました。よりを戻すという意味ではなく、

昔のように笑って話せる・・という意味ですね。私の真意がこの本に

よって伝わってとてもうれしかったと記憶しています。

そんな彼女も今年結婚します 結婚おめでとう 幸せになってください


では・・また









スポンサーサイト
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
む・・・
恋愛に疲れた私に丁度いい本(;´Д`)

しかも決定打とかΣ( ノ▽`)
2006/11/03(金) 04:25:20 | URL | 理美 #-[ 編集]
>ねーさん
RSでは○ございません
ちょっと意識しt
2006/11/03(金) 07:18:37 | URL | akms #-[ 編集]
Σ(゚д゚*三;゚д゚)RSじゃないの!?


! 求)ヤル気ナシ抵抗ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ
2006/11/03(金) 14:35:34 | URL | 理美 #-[ 編集]
私はやはり芥川龍之介の「河童」です。
何度読んでも飽きません。

すみません空気読めてないですよね
2006/11/04(土) 10:08:56 | URL | ~疲労~ #-[ 編集]
>ねーさん
RSやりたいんだかやりたくないんだか
よく分かりません^^

>疲労さん
実はそのあたりの年代の本はあまり
読んでないのですよ。読んでも忘れてしまって
たりします。本好きを自負するならいつかは
読まなければなりませんね
2006/11/04(土) 12:49:41 | URL | akms #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。